日本企業-業務提携プロジェクト要望書

1、会社概要: 
  弊社・Higer(ヘイガーバス)は1998年末に創立され、現在95万平方メートルの近代化されたバスの生産拠点基地を建設しております。主に新エネルギーバスの3つの電気技術、スマートな運転、車のネットワーキング及びEIC技術、インテリジェントな運転、ネットワーク技術を構築しております。そのヘイグ・ハグリッド(ハイグルタイプ:Higer独自仕様)の純粋な電気バス、ハグプルプラグインハイブリッドバス、ハグリッド天然ガスバスなど、及びその他の製品を形成し、その研究開発事業を主に展開しております。現在、Higer(ヘイガーバス)仕様のバスが、世界100余りの国と地域を駆け巡っており、持続的かつ急速な発展の道を切り開き、Higerは「中国の有名な商標」、「中国の有名なブランド」として、「国家輸出検査フリー製品」などの称号を受賞しております。弊社の総資産は81亿元になりますが、現在、江蘇省のポストドクター研究ステーション管轄の下で、総社員数4000余人で、その内1100余人が各専門技術者で、年間35000台の大・中型自動車と10000台軽量型自動車の全車とシャーシの生産能力を誇っております。尚、弊社の各機関として、近代化自動車生産基地を始め、ポストドクターワークステーション、江蘇省級企業技術センター、江蘇省新型自動車エンジニアリング技術研究センター、江蘇省のコーチ、蘇州市ヘイガー新エネルギーバスでの新しい高速乗用車R&Dセンター、、新型高速自動車研究開発センター、蘇州市海格新エネルギー自動車研究院などを擁しております。
  蘇州金龍は世界的な自動車産業界の認証TS16949や中国の3C認証を取得し、50タイプ以上のカテゴリーと300種類以上の、ハグリッドEシステム、Hシステム、Aシステム、Vシステム、Wシステム、Bシステム、ギャラクシーバスと軽乗用車などの多々ある製品がハイエンドビジネス、旅行、旅客運輸、交通機関、スクールバス、団体用車両などの分野を幅広くカバーしております。
2、プロジェクト名称(その1):自動車運転のインテリジェント化
①、要望品目:メカトロニクス、メーカー
②、専門分野:自動車
③、要望に関しての説明:提携で自動車でのAEBS、LKAS技術研究を行い、自動車のハイインテリジェント化及び安全性を高め、交通事故の発生率低下を目指す。
④、業務提携内容:業務提携に関わる共同技術協力や開発などの諸条件、並びに期限及び予算や諸費用等を含め、上記詳細などその他は、面談の上での取り決めを要望いたします。
3、プロジェクト名称(その2):EVカー
①、要望品目:メカトロニクス、製造業
②、専門分野:自動車
③、要望に関しての説明:バスのバッテリーなど、車両のコントロールシステム、モーターコントロールシステムなどの技術開発を行い、自動車のエネルギー消耗の低下を目指しております。
④、業務提携内容:業務提携に関わる共同技術協力や開発などの諸条件、並びに期限及び予算や諸費用等を含め、上記詳細などその他は、面談の上での取り決めを要望いたします。
4、プロジェクト名称(その3):自動車軽量化
①、要望品目:メカトロニクス、製造業
②、専門分野:自動車
③、要望に関しての説明:自動車ボディ素材の高強度鋼板(ハイテン)、アルミ、複合材料などの研究開発の取り組みと車両の軽量化の追求など、自動車のエネルギー消耗の低下を目指しております。
2、プロジェクト名称(その1):自動車運転のインテリジェント化
①、要望品目:メカトロニクス、製造業
②、専門分野:自動車
③、要望に関しての説明:提携で自動車でのAEBS、LKAS技術研究を行い、自動車のハイインテリジェント化及び安全性を高め、交通事故の発生率低下を目指す。
④、業務提携内容:業務提携に関わる共同技術協力や開発などの諸条件、並びに期限及び予算や諸費用等を含め、上記詳細などその他は、面談の上での取り決めを要望いたします。
3、プロジェクト名称(その2):EVカー
①、要望品目:メカトロニクス、製造業
②、専門分野:自動車
③、要望に関しての説明:バスのバッテリーなど、車両のコントロールシステム、モーターコントロールシステムなどの技術開発を行い、自動車のエネルギー消耗の低下を目指しております。
④、業務提携内容:業務提携に関わる共同技術協力や開発などの諸条件、並びに期限及び予算や諸費用等を含め、上記詳細などその他は、面談の上での取り決めを要望いたします。
4、プロジェクト名称(その3):自動車軽量化
①、要望品目:メカトロニクス、製造業
②、専門分野:自動車
③、要望に関しての説明:自動車ボディ素材の高強度鋼板(ハイテン)、アルミ、複合材料などの研究開発の取り組みと車両の軽量化の追求など、自動車のエネルギー消耗の低下を目指しております。
④、業務提携内容:業務提携に関わる共同技術協力や開発などの諸条件、並びに期限及び予算や諸費用等を含め、上記詳細などその他は、面談の上での取り決めを要望いたします。